最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

プロフィール

hatio

Author:hatio
FC2ブログへようこそ!

リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「死」

人間は、「死」といえば人生の終わりと考え、恐怖や不安を感じてしまいます。
ホリスティック医学の一つスピリチュアルな医療では、独自の人生観に基づいた治療が特徴ですが、「死」についてもスピリチュアルならではの考えがあります。

霊的な事実が示され、現在のスピリチュアル医療の基本となっている「シルバーバーチの霊訓」では、死について「より大きな自由を得られる素晴らしい時」と述べられています。
つまり、死ぬということは「素晴らしい霊的世界へ旅立つ新しい出発点」であるため、全く恐れる必要がないものと考えられているのです。

現在医療の中心となっている西洋医学では、死ぬことは最大の敗北であり恐怖である考えから、死をさけるための延命治療を重視しています。
これに対しスピリチュアルな医療を含むホリスティック医学では延命治療がよいこととされず、家族や大切な人が病気になった時には、ただその人の痛みや苦しみを軽減してあげることが大切であると考えられています。
すなわち死は自然現象の一つにすぎず、病人には新しい出発点として喜んで死を迎えさせてあげることが望ましいとされています。

このようにホリスティック医学と西洋医学とは死に対する考えが全く異なります。
西洋医学による治療が限界に来ていると言われる現在、スピリチュアルな死の捉え方は患者に癒しを与え、最後の時間を有意義なものにするためにも重要なものと考えられるようになっているのです。
そして緩和ケア、終末期医療でも積極的にスピリチュアルな考えが取り入れられつつあります。



2008102811439_3.jpg

テーマ : みんなに紹介したいこと - ジャンル : ブログ

スピリチュアリズム

最近、日本ではスピリチュアルという言葉は幅広い意味で使われていますよね。
しかし安易に使われるあまり、スピリチュアルの持つ正しい意味で使われる場面が少ないというのが現状です。

スピリチュアルは日本では「霊的な」と訳されていますが、実際にはもっと奥深い意味があります。
スピリチュアルという言葉を正しく理解するためには、まず「スピリチュアリズム」を理解する事が大事です。

スピリチュアリズムでは、世の中には神によって創造された大自然と大宇宙の普遍の法則があるということが前提です。
この法則は「霊的真理」と呼ばれ、健康観や病気観、霊の存在も含まれます。
この霊的真理を世の中に広め、霊的真理に基づいた生き方を普及させるための働きかけをスピリチュアリズムといいます。

医学をはじめとするスピリチュアルな分野では、全ての人間は永遠にこの霊的真理の中で、この法則に基づいて生きているという考えが根底にあります。
近年注目されているホリスティック医学は、人間の健康を霊的な側面から考えるということでも関心を集めています。

霊的な側面とはすなわちスピリチュアルな医学のことであり、代表的なものがスピリチュアル・ヒーリングです。スピリチュアル・ヒーリングではこのスピリチュアリズムをもとに、大宇宙のエネルギーを病人の霊体に補充するという治療を行います。

スピリチュアルな医療はイギリスでは既に普及しています。
日本でもホリスティック医学の普及とともに、医療の現場で取り入れられつつあるのです。


2008092740651_4.jpg

テーマ : みんなに紹介したいこと - ジャンル : ブログ

シルバーバーチの霊訓

スピリチュアルの基本にあるスピリチュアリズムの考えは、「シルバーバーチの霊訓」と言われる記録が根幹にあります。
その内容は人間の本質、大宇宙の摂理をはじめ、多くの「霊的真理」が語られています。

シルバーバーチとは今から3000年ほど前に、実際に地上で生活を送っていたという古い霊のこと。
人間の世界へ「霊的真理」を広めるために、イギリスのモーリス・バーバーネという人間を介して人間にメッセージを送りました。
シルバーバーチは定期的に交霊界において人間へ通信をし、それが記録に残されたものが現在の「シルバーバーチの霊訓」なのです。

シルバーバーチの交霊会には過去のスピリチュアル・ヒーラーも多く参加し、治療者としての教えを受けています。
スピリチュアル・ヒーラーとして最も有名なハリー・エドワーズも教えを受けた一人です。
「シルバーバーチの霊訓」はそのスケールの大きさや内容の奥深さ、また分かり易さから、読んだ人はみな驚きと感動を受けるといいます。
現在スピリチュアルの医学としてスピリチュアル・ヒーリングが行われていますが、スピリチュアル・ヒーリングはこの「シルバーバーチの霊訓」が源なのです。
スピリチュアルな分野では、この「シルバーバーチの霊訓」を最も信頼度の高いものとし、医療の基本としています。

2008082225024_2.jpg

テーマ : みんなに紹介したいこと - ジャンル : ブログ

心の病

ストレス社会といわれる現代の日本では心の病が急増しています。

心の病気にはうつ病をはじめ、パニック障害、摂食障害、神経症などさまざまな種類がありますが、その中で最も多いのがうつ病であり、小学生からビジネスマンまで幅広い年代に広がっています。
一般的に近代医学による心の病気の治療では、薬物療法やリハビリ療法、精神療法などを中心に行われています。
近年では医学の進歩より、以前には打つ手のなかった心の病も、早期発見することで早い回復が可能になっています。
しかし身体的な異常が現れない心の病は実際には見過ごしやすく、「これくらい大丈夫!」と軽視される傾向があります。
心の病は早期発見、早期治療が難しい病気なのです。

ホリスティック医学は身体的な異常を治す近代医学とは異なり、身体的、精神的、心理的、霊的な側面から健康を考える医学。ホリスティック医学の中でもスピリチュアルな医学では、心の病は精神的なストレスによって患者の心のエネルギーが不足し、環境的、社会的な要因が組み合わさって引き起こされるものと考えます。
したがって治療は患者の心に霊的エネルギーを補充することが中心です。心のエネルギーを補充することによって、肉体と同様に心にも自然治癒力が働いてきます。
そして科学的な治療ばかりに頼らなくても徐々に心の健康を取り戻すようになるのです。

実際は、心の病気は原因が複雑なので、治療では近代医学とスピリチュアルな医療を併合して進められています。


2008100340053_3.jpg

テーマ : みんなに紹介したいこと - ジャンル : ブログ

がん

ホリスティック医学にはがん治癒に効果的なものも多くあります。
中でもスピリチュアルな医療は、過去の有名な医師が末期がん患者を治癒したことでもよく知られています。

がんは日本の国民病と言われていて、昭和56年より現在まで、日本人の死亡原因は「がん」が1位を取り続けていることからもがん患者の多さが分かるでしょう。
日本では長い間がん治療の研究が進められ、今日ではがんは治る病気へと変わりつつあります。
しかし一方でがん患者が年々増加しているというのも現実です。また依然としてがんの発見が遅れ、命を落とすケースも多くあります。こういったことから、医学が飛躍的に進歩した今日でもがんの治癒はとても難しいものであり、近代医学による治療は限界に来ていると考える人が増えているのです。

そこで人々に求められるものがスピリチュアルな医療です。
スピリチュアルな医療として代表的なスピリチュアル・ヒーリングやスピリチュアル・ケア。
それぞれ目的や方法は異なりますが、いずれも人間の力ではなく霊的な力によって患者を癒すものです。
霊的な力を借りることによって、がんなどの難病を治癒するスピリチュアル・ヒーリングは、科学的な実証がないにも関わらず、日本でも少しずつ広がり見せ始めました。
またスピリチュアル・ケアは終末期医療として重視され、末期患者などスピリチュアルな痛みを改善するために、今後ますます重要になる医療と考えられています。
スピリチュアル医療は身体的健康だけでなく、ホリスティック医学として精神面や霊的側面から人間を支え、今後もより一層求められていくでしょう。

2008092633826_2.jpg

テーマ : みんなに紹介したいこと - ジャンル : ブログ

| ホーム |


PREV PAGE «  BLOG TOP  » NEXT PAGE


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。