最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

プロフィール

hatio

Author:hatio
FC2ブログへようこそ!

リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

西洋医学

ホリスティック医学が近年注目を集めている要因には、西洋医学の抱える問題点や、不信感があります。

日本では明治以降、西洋医学に基づいた治療が行われてきました。その結果、西洋医学による医療技術の恩恵を受け、日本は世界の中でも有数の長寿国となりました。
西洋医学で病気とは肉体的に異常が見られる状態をいいます。肉体に異常があれば投薬によって異常を治し、手術によって患部を除去する治療が行われます。そして患者が体の不調を訴えていても、検査値で異常がなければ治療はされません。

現代社会の問題となっている生活習慣病などにおいて、機械的な治療による西洋医療に限界を感じる医師や患者が増えています。また投薬や処置で患部を治すことができても、病気を引き起こした要因を取り除くことができなければ病気を根本的に治癒したことにはならないというのが最も重要な点です。
これに対しホリスティック医学では人の健康を社会、宇宙、自然との調和に基づく全体的な視点から考え、人間が本来持っている自然治癒力を高め、増強することを目的とした治療が行われていきます。
中でもスピリチュアルな医学は人間の霊性に着目し、霊的視点にたって行われる治療です。
医学や科学では証明できないスピリチュアルな世界に、西洋医学にはない癒しを求める人が多いのです。

西洋医学には様々な問題があるものの、欠くことができない医療であることに変わりません。スピリチュアルが西洋医学の欠点を補うことによって、より高度な治療が行われることが期待されているのです。

スポンサーサイト

医師

ホリスティック医学の中でも、人々の関心の特に高い分野がスピリチュアルと言えます。

スピリチュアルな医学はまだ日本では馴染みの薄いものですが、ヒーリング治療や終末期医療などではすでにその価値が認められつつあります。
スピリチュアルな医学を受けるために重要なことは、スピリチュアルに理解のある医師を見つけることです。理解のある医師のもとで、西洋医学とスピリチュアルを上手く併用した適切な治療方法を選択することが、最も治療効果を高めることができるのです。

現在、西洋医学による治療に限界を感じている医師は増えていますが、残念なことにそういった医師の多くはスピリチュアルに否定的な見解を持ち、理解を示す医師が少ないというのが現状です。
欧米ではホリスティック医学は代替医療と呼ばれ、医療の現場でも普及しています。そして有名大学でのカリキュラムに取り入れられるなど、将来の代替医療を担う医師の育成にも力を入れているのです。
また同様にスピリチュアルな分野の研究も進められており、スピリチュアルは医学としても認められつつあります。
例えば西洋医学の医師が患者にスピリチュアル・ヒーリングを勧め、健康保険が適用される国もあります。
日本でも近年ホリスティック医学の重要性が認められるようになりましたが、様々な面で欧米に大きく遅れをとっているのは明らかです。
今後、日本でもスピリチュアルの研究が進められて、医学としてのスピリチュアルに理解を示す医師が増えることが期待されています。

各国の認識

これまでスピリチュアルという言葉は占いや宗教用語の一つとして捉えられることも多く、その本来の意味はあまり知られていませんでした。しかし近年、医療の在り方が見直される中、スピリチュアルが医学の一つとして認められるかどうか、世界の関心が高まってきました。

1998年に世界保健機構(WHO)は「健康の定義」の中に、「霊的」すなわち「スピリチュアル」な表現を加えた改正案を打ち出しました。
日本は当時、この改正案に対し棄権票を投じ、判断を保留しています。これは日本がまだ医療の現場において、健康とスピリチュアルとの関連性においての結論が急がれていないという状況を表しています。
それ以前の1948年にも、WHOが健康の定義を決定する際に「霊的な」という表現が原案に盛り込まれていたように、世界的にスピリチュアルと健康の関わりは考慮されていました。しかしある国家集団の反論を受けたことによって、この原案は削除されてしまったのです。

こういったことからも分るように、人間の健康に関わるスピリチュアルは、長い間世界の国家の間で課題となってきたのです。
欧米ではスピリチュアル治療への関心はとても高く、特定の宗教家だけではなく、医学者や科学家、政治家などあらゆる立場の人がスピリチュアルについて論じています。
日本でも最近では末期がんの患者に対して行われるケアとして「スピリチュアル・ケア」が取り入れられています。
スピリチュアル・ケアは人生の意味や目的、価値を高める医療として重視されつつあるのです。

今後、ホリスティック医学におけるスピリチュアルは、ますます世界中の人々の関心を集めることになるでしょう。

スピリチュアルとは

スピリチュアルは日本語で「精神的な」「霊的な」「神聖な」という意味があります。
最近ではテレビ番組や雑誌、書籍などの影響から、心霊や占い、人生相談など、広い意味で使われるようになっています。
近年、世界保健機構WHOによる健康の定義に「スピリチュアル」という言葉を取り入れるかどうかが議論になりました。
スピリチュアルな考え方な国際的に認められつつあるのです。

医学分野の一つホリスティック医学では、霊的な側面を含め、あらゆる視点から健康を考える医療として重視されています。
スピリチュアルな医療の代表として、スピリチュアル・ケア、スピリチュアル・ヒーリングなどが挙げられます。
スピリチュアル・ヒーリングでは、人間は霊、霊体、肉体の三つから成り、これらのバランスが崩れることが病気の原因であると考えられています。
また、それとは別に、「カルマ」という前世の間違った行為によって起こる病気もあると考えられています。

「カルマ」が原因でなる病気は、本人が病気を乗り越える他に治す方法はなく、「肉体」と「霊」とのバランスによって起こる病気の場合は、霊的エネルギーを活性化させるための治療が行われます。
現在ホリスティック医学への関心は高まっていますが、まだ日本ではスピリチュアルに否定的な医師が多いのが現状です。その一方で、現代の西洋医学による医療に限界を感じ、スピリチュアルな医療に望みを託す人々も多くなっています。

ホリスティック医学とは

ホリスティック医学の「ホリスティック」とはギリシャ語の「holos」を語源とし、日本では「全体」「関連」「バランス」「つながり」といった意味をすべて包括した言葉として解釈されています。
ホリスティック医学は人間のあらゆる面に関わる医学であります、それだけにまだ一般の人には理解しにくい医学でもあります。

そこで全国団体である日本ホリスティック医学協会では、ホリスティック医療を次のように定義しています。

1、全体的な健康観に立脚する治療 
2、自然治癒力を癒しの原点におく治療 
3、患者が自ら癒す治療 
4、様々な治療法を選択・統合し、最も適切な方法行う治療 
5、病の深い意味に気づき、自己実現を目指すための治療

現在、医療の現場では西洋医学に基づいた医療が中心に行われています。
西洋医療は病気や患部を診て投薬や処置によって治療を行いますが、病気は生活習慣の乱れやストレスが原因で起きるものが多く、病気の根源の大部分を占めると言っても過言ではありません。
このことから投薬や処置によって一時的に治癒しても、根本的な解決にはならないということが指摘されるようになっています。
そこでホリスティック医学では、「心」「気」「体」「霊気」そして、社会環境や自然環境を含めた全体的な視点から健康を考え、人間が本来持っている自然治癒力を高めることを治療の目的としています。
ホリスティック医学の実際の治療では西洋医療や他の代替医療を効果的に取り入れながら、最も適した治療方法を選択し、医師の指導やサポートを受けて患者が自ら治療を実践することが重要としています。
スピリチュアルはその中の一つで、代表的なものにスピリチュアル・ケアやスピリチュアル・ヒーリングなどがあります。


| ホーム |


 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。